東京都の自動車板金塗装修理の会社 対応エリア[目黒区・世田谷区・港区・品川区・渋谷区・大田区・新宿区・千代田区その他周辺]

リーズナブルな修理金額
03-3713-7520

english サイトマップ

line

自動車板金塗装修理

創業以来40年の
信頼と実績+チャレンジ

(有)伊倉板金塗装工業

東京都目黒区下目黒3-8-7

tel 03-3713-7520

fax 03-3713-7220

mail info@ikura-inc.com

地図縮小版

詳しくは会社案内/地図へ

伊倉板金自信のサービス

◆中古車・事故車・故障車の板金塗装修理
車両保険対物保険

外車輸入車)の板金塗装修理・買取 (メルセデスベンツ・BMW・プジョー・アルファロメオ・アウディ・フォルクスワーゲン・ポルシェ・ボルボ・シトロエン・ルノー・オペル・サーブ・ミニ・ジャガー・ローバー・ランドローバー・レンジローバー・フィアット・マセラッティ・スマート・AMG・フェラーリ・Mスポーツ・キャデラック・クライスラー・シボレー・フォード・GM・ダッジ等々)

自動車分解整備・車検業務全般

自動車保険業務全般

◆車販売、解体、廃車

◆ポリマーコーティング・ガラスコーティング

◆オールペイント(全塗装) 、レストア

納車・引取サービス

対応地域

東京都内各区自動車板金塗装修理・目黒区品川区港区世田谷区大田区杉並区渋谷区新宿区中野区中央区千代田区練馬区板橋区江東区足立区葛飾区江戸川区台東区文京区豊島区北区荒川区墨田区、区内及び周辺地域
(混雑状況により、対応ができない場合もございます。事前にご確認ください)

保険修理について

一般的に保険修理というのは、一人の方が頻繁にあるものではありません。

ですから、保険を使っての修理に関する知識を持った方は非常に少ないのが現状です。

ここでは 板金塗装修理工場 の立場から保険修理に関して解説をしたいと思います。

ぜひ、ご参考にしてください。

保険会社はできる限りお金を払いたくない!

 先日話題になった、保険会社の「保険金額未払い問題」。大手保険会社の多くが摘発されました。保証すべき金額を払わない保険会社は、処分を受けて当然です。

 未払いは完全な契約違反(犯罪)ですが、そのほかにも保険会社はできる限り保険金額の負担を押さえようとします(企業として当然のことかも知れませんが)。

 その代表的な物が「アジャスター」という存在。事故の損害状況を調査して損害額を算出する保険会社の査定士の事です。保険での修理の場合、事故状況や損害額に応じて、このアジャスターが工場に「立ち入り調査」を行います。車の損害額を適正に算出するためです。

 しかし私たち修理会社にとっては、「適正な損害を見極める」というよりも「安く修理工場に修理をさせる」という意味合いが強く感じられます。「ここは交換よりも板金で」「もう少し工賃を安く」などなど、修理費を少しでも安くしようとさまざまな要求が出てきます。

 しかし「車をキチンと元通りに復元する」のが私たちの役目です。損害に見合った修理金額を請求する事は私たちの板金塗装修理工場の重要な仕事でもあるんです。

指定工場特約と保険会社指定工場のメリット・デメリット

 数多くの保険会社からさまざまな保険商品が販売されていますが、最近増えつつあるのが「指定工場特約」。修理の際にはその保険会社が指定する工場に入庫を義務付ける特約で、保険料が多少安くなります。でもこれにはメリット・デメリットがあるんです。

メリット

 毎年(毎月)の保険料を節約できます。また指定工場になるには、ある程度の設備とサービス環境が必要となります。「あきらかな不良工場」に行き当たる心配はありません。

デメリット

 指定工場は「保険会社から仕事をもらっている立場」になります。よって修理内容や金額はある程度、保険会社が左右することができるのです。「交換すべき部品を板金する」「新品で交換すべき部品をリサイクル部品で」なんて事は十分に考えられます。もちろん、保険金額を安く抑えられているので、付随サービスも難しくなるでしょう。

 指定工場特約は保険会社の負担を少なくすることによって、保険料を下げる意味合いがあります。が、実際の修理の際に十分なサービスが受けられないのであれば何のための保険なのかわかりませんよね。

 また、結構いらっしゃるのが、特約をつけていないのに、保険会社にいわれるがままに指定工場に入庫してしまうお客様。これにはなんのメリットもありませんので、要注意してください。

保険会社はできる限りもめたくない!

 修理費用に関わらず、保険を使う際にはさまざま知識が必要になります。

 保険が適用されるかどうかの判断はもちろん、対物事故に関しては過失割合で運転者双方がもめるようなケースもよくあります。

 このような場合、当然ですが保険会社としてはできる限りスムーズの事を運ぼうとします。そんなときに標的になるのが、「保険や事故に関しての知識の薄い人」や「自己主張のできない人」となってしまうんです。

 私たちが見てきたお客様の中には明らかに不当な条件で示談をしている方もいらっしゃいます。もちろん法外な主張はできませんが、ご自分の見解をしっかり伝え、正当な保証を受ける権利は、すべての任意保険加入者の方が持っています。

 「ごねる」のではなく「しっかり主張する」事は大切なことではないでしょうか。

損害に見合った修理費用を請求することは当然の権利

  けっして安くはない保険料を支払っているわけですから、いざという時に正当な修理費用を請求することは加入者の持つ当然の権利です(法外な請求・不当な請求はもちろんできませんが)。

 私たちはそんな皆様を、事故内容に関するアドバイスから実際の修理や金額交渉に至るまで、バックアップいたします。「保険料は上がったけど、車が以前よりもきれいになって良かった」、そう思っていただけるお客様を一人でも多くしたいと考えております。

必見!絶対お得な保険修理事例

伊倉板金の保険修理

TOP PAGE へ

line